昔から続く養鰻の名地・新富でこだわり続けて半世紀。『中村養鰻』

新富町働く

新富町は昔から続く養鰻の名地。目利きの多い土地でもあり、それゆえ新富町のうなぎはおいしいと評判です。

この地で鰻と向き合って50年余りの「中村養鰻場」が育てるうなぎは、一流の鰻専門店で扱われるほどの大きさと品質が自慢。

「自分の子供よりよく見ているかな(笑) 人間の赤ちゃんは泣いたり、声を出したりして教えてくれるけど、うなぎはずっと見ていないとどうしてほしいのか分からない。母親業ですよ」

と代表の中村さんが語ります。

柔らかく、脂がのった元気なウナギに育つように、そして病気をしないように…一匹一匹、手塩に掛けてうなぎを育てる中村さんの愛情と熱意はまさに母親そのもの。

「『生き物を養うなんて大変でしょう』とよく言われるんですが、自分が夢中になってやっていることだから、苦労に感じたことは一度もないですよ」(中村さん)

新富町の町沿いに流れる一ツ瀬川は、天然うなぎが上ってくるほどうなぎ好みの水質。中村養鰻場はその水を使い、川に近い環境で育てています。

そんな中村養鰻場が自信をもってお届けするオリジナルブランド「味鰻」は、ふるさと納税の返礼品としても人気。

うなぎを真空パックで冷蔵したかば焼きは、「うなぎの旨みが味わえるようにこだわった」という渾身の逸品。タレはうなぎの脂の甘みが引き立つよう、特別に味付けされています。

「宮崎といえばうなぎ」という誇りを持って、中村さんはこれからも、わが子同然のうなぎを全国に送り届けます。ぜひ一度ご賞味ください。

中村養鰻のふるさと納税返礼品一覧はコチラ

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構

2017年4月に設立した地域商社です。「世界一チャレンジしやすいまち」というビジョンのもと、地域経済の創出に取り組んでいます。主に、1粒1000円の国産ライチのブランディング・販売や、起業家育成塾「児湯シータートル大学」「地域を編集する学校」などを実施しています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    荒れ放題の竹林を宝の山に。早起きは3文の得どころじゃない!~タケノコ生産者 中山秀雄さん~

  2. 2

    最大40種類!海の見えるカフェ『HATSUNE』はビュッフェ天国だ!

  3. 3

    28歳で脱サラし、宮崎マンゴーで農業にチャレンジ

  4. 4

    ライチの花が満開。いよいよ5月から収穫期に突入!~ライチ生産者 森哲也さん~

  5. 5

    「児湯」(こゆ)って何? 地名の由来になったとある神様のお話

  6. 6

    隠れ里に食通が殺到!? しんとみ秘蔵の「○○ぶどう」を食べてみた

  7. 7

    「世界一甘いキュウリ作りたいっすね」というキュウリ農家を取材してみた!

  8. 8

    親心が生んだ人気メニュー!チャンポン屋さんの超BIGカツサンド:チャンポンハウスたつや

  9. 9

    40年文句なし!竹村ぶどう園“達人”の秘密を初公開!

  10. 10

    「一ツ瀬川の天然ウナギはとにかくうまいです」~うなぎのかわの~

ふるさと納税のお申込みはお早めに

TOP