「児湯」(こゆ)って何? 地名の由来になったとある神様のお話

観る

宮崎県中央部には、新富町を含む6町村からなる児湯郡(こゆぐん)という郡があります。幼児の湯と書いて、児湯。新富町が設立した地域商社「こゆ財団」は、新富町だけにとどまらず児湯郡全体をワクワクするまちにしていこう!との思いで「こゆ」を名乗ってもいるのですが、そもそもこの「児湯」って何だと思いますか?

児湯とはその名の通り、幼児用のお風呂のこと。いわゆる産湯です。これが「児湯郡」の由来になっています。

ではそんな産湯がどこにあるかというと、6町村と隣接している西都市(さいとし)ということろに実在しています。あるのは湯船ではなく、池。その名も「児湯の池」といって、ほとりには案内看板が立っています。

ではいったいだれが使った産湯なのでしょうか。

宮崎県には古くから多くの神話にひもづくスポットが点在しています。高千穂町にある天岩戸神社はアマテラスオオミカミがお隠れになった岩戸のある場所として特に有名ですね。そしてこの「児湯の池」も、かつて神様が使われた産湯としての神話が残っています。

この産湯をお使いになったとされるのは、コノハナサクヤヒメ。天孫降臨されたニニギノミコトが一目惚れしたというたいそう美しい姫でした。二人は結ばれますが、出産を控えたヒメにニニギノミコトは「本当に自分の子なのか?」と、あろうことか疑いをもちます(ひどい話…)。傷ついたコノハナサクヤヒメは「あなたの子だとしたらたとえ火の中でも元気にうまれてくるわ」といい、出口のない産屋にひとりこもってしまったそうです。

すごいのはここから。出産のまさにそのとき、コノハナサクヤヒメはなんと自らに火を放ち(!)、炎の中で三人の皇子を産んだのです!ファイヤー!!

生まれたのはホデリノミコト、ホスセリノミコト、ホオリノミコト。ホデリノミコトは海幸彦、ホオリノミコトは山幸彦としても知られるようになる神様です。

そんななんとも壮絶な出産のあと、三人の皇子の産湯として使われたのが「児湯の池」でした。ここには昔から湧き水がでていて、コノハナサクヤヒメはその水を使って皇子たちをやさしく洗ったのだといわれています。

 

いかがでしょうか。「児湯」の由来、おわかりいただけましたでしょうか。

ちなみにコノハナサクヤヒメ、あらぬ疑いをかけてきたニニギノミコトはどうしても許せなかったようで、その後もヨリを戻すことはなかったといわれています。宮崎に残る日向神話は、こんな人間以上に人間くさいおもしろいエピソードがたくさんありますので、よかったらのぞいてみてくださいね。

※画像は西都市観光協会様より拝借いたしました

ひむか神話街道 50の物語集一覧

高橋 邦男

971 views

編集者/一般財団法人こゆ地域づくり推進機構 事務局長 徳島〜大阪で約20年にわたって地域情報誌や行政/企業メディアの企画編集に携わり、2014年に宮崎市へU...

プロフィール
【PR】宮崎県新富町のふるさと納税

関連記事一覧