1. HOME
  2. ブログ
  3. 素材の味が活きる!新富町の老舗酒店主が選んだドライな焼酎

素材の味が活きる!新富町の老舗酒店主が選んだドライな焼酎

新富町の伊藤酒店5代目店主 伊藤寛人さん。

創業明治25年115年余り続く新富町の老舗酒店です。

伊藤酒店の焼酎ほとんどが、5代目店主に就任後に自身で厳選したものばかりです。

伊藤さんは必ず蔵元を訪れ、酒の味・蔵の歴史・作り手の思いに触れ、納得いくもの

だけを店頭に並べています。

伊藤さんにお話を伺うと、蔵の風景や蔵で働く人、飲まずともその焼酎の味が想像でき

るほど、一つ一つの商品への思いが伝わってきます。

 

そんな「こだわりの人」伊藤店主が選んだ逸品をご紹介します。

 

 


たちばな原酒と野うさぎの走り


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「たちばな 原酒」と「野うさぎの走り」は百年孤独や中々などで知られる、株式会社 黒木本店の人気商品です。

 

「たちばな 原酒」は、堀りたての黄金千貫を使用し、安全性を追求したピュアウォーター

システムを使用した仕込み水と、手作りの麹・自社栽培の酵母で丁寧に作られています。

たちばな 原酒は、ブレンドや割見ずを一切使わず100%原酒です。

度数は37度と高めですが、清涼感があり滑らかな口当たりです。

芋の香りが豊かで、ドライ好きな方にはたまりません。

 

「野うさぎの走り」も、飲みごたえのある度数37度のドライな味わい。スモーキーな

香りが独特な米焼酎です。

同じく、ピュアウォーターシステムを使用した仕込み水と、独自の酵母を用いた「かめ仕込み」です。

スモーキーながら甘い香りがふんわり広がります。「フルーティーなに日本酒のようだ」という声も。

 

 


焼酎造りは農業から


 

“どんなに合理化が進んでも最後の焼酎の味を決めるのは人。人の目、人の手が焼酎を造る”

 

明治18年から続く黒木本店ですが、こうした思いが焼酎文化を守り続けているのでしょう。

それと同時に、研究開発を怠らず進歩するために、理想を追い求め続けています。

 

 

土を耕し、種を蒔き、栽培、収穫まで全て蔵人で行っているそうです。

製造過程で出た廃棄物は、有機肥料として再利用。自然の恩恵を受けて造られる焼酎なので

環境汚染も出してはいけないと黒木本店では考えらえています。

その有機肥料は、原料造りに活用されています。

 


そのままも良し!アレンジも良し!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回紹介して下さった、伊藤酒店店主 伊藤寛人さんにおすすめの飲み方をうかがってみました。

 

どちらの焼酎も度数が高めでドライですが、スッキリとした飲み口で風味豊か。

一番は、そのままロックで楽しんでほしいそうです。

大き目の氷を転がしながら、ゆっくり味わうのはいかがでしょう。

 

また、冷凍庫で凍らせると違う楽しみがあるようです。

度数が高いので凍らず、とろ~りとろみがでるそうです。

ストレートやクラッシュアイスでロックも楽しめますが、アイスクリームにかけても

美味しくいただけるそうです!

色々な楽しみ方がありそうですね。

 

 

「百年の孤独」の姉妹とも言われる

『たちばな 原酒』・『野うさぎの走り』。

芋と米のそれぞれの味を、オリジナルで楽しんで下さい。

 

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/45402/90896

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事