1. HOME
  2. ブログ
  3. バレンタインデー直前!プレゼント用ワークショップも開かれた「こゆ朝市」

バレンタインデー直前!プレゼント用ワークショップも開かれた「こゆ朝市」

いつもより早い第2日曜に開催

2月の「こゆ朝市」は通常より1週早い第2日曜に開催。ちょうどバレンタインデー直前ということもあり、プレゼントの手作りワークショップもいろいろと準備されていました。チョコレートに手作りプレゼントを添えて大切な人に…、もいいけれど、自分へのプレゼントにしたっていいですよね♪

日本のひなた、宮崎県の新富町。でも2月の風はさすがに冷たかった! いつもよりお客さんたちの出足は遅かったものの、時折陽が差しはじめると徐々に、会場のるぴーモール虹ヶ丘商店街には賑わいが感じられるようになりました。

前回から子どもたちに大人気の「テゲバジャーロ宮崎」さんによるコーナー。今回は“キックボーリング”。サッカーボールを蹴って、6本のピン(ペットボトルで手作り!!)を倒す、このシンプルなゲームで子どもたちを多いに盛り上げてくれる選手たちはさすがです。

小さな女の子も、本格的なサッカー少年も、それぞれを目一杯褒めたり笑わせたり…。見ているだけでも、楽しくなってしまいます。

よくできました〜♪ タッチ!
ナイスキックー!

留学生も出店「えいごで遊ぼ!」コーナー

新富町に滞在している留学生のザヒドルさんはバングラディシュ出身。無料で楽しめるゲーム2つを用意して、お客さんたちと触れ合いました。

1つはコロンビアの遊びで、水中の小皿に穴の開いたコインを落として入れるゲーム。もう1つは、ボールを壁にバウンドさせて手前のバスケットに入れるゲームで、バングラディシュの遊びなんだそうです。

英語と日本語で書かれた説明を読んで、レッツチャレンジ! 気さくな人柄のザヒドルさんが楽しくリードしてくれるので、参加するお客さんたちも笑顔がいっぱい。

水の抵抗で、なかなか的に入らないところがおもしろい
白いボードに当てて、下のバスケットに入るかな?

お昼ごはんを兼ねて“こゆ朝市”に。そんな楽しみ方が定着

早朝からスタートして、白い息を吐きながら楽しむ朝市もいいけれど、ここ“こゆ朝市”は10〜13時開催。たこ焼きやパン、焼き鳥、鶏めしなど、美味しい軽食類が豊富なので、子どもを遊ばせて昼食もここで済ましちゃえ!というスタイルのお客さんも多いんです。

日曜日のお昼ごはんはこゆ朝市で。

ふらりと来て、ゆるっと楽しめる定番イベントになりつつあります♪

朝市会場にはテーブル席があり、座ってゆっくり食べられます
こゆ朝市にいつも出店するPOLAのスタッフさん。お好みでトッピングが楽しめる“こゆドッグ”をお買い上げ♪

さて、今回のワークショップは…

  • ハーバリウム体験

通りに面した、こゆの野菜や果物たっぷりのカフェ「こゆ野菜カフェ」にて、自分の好みのハーバリウムが作れるワークショップを開催。ボールペンタイプと、ハート形の小瓶タイプの2種類がありました。

講師は、新富町のお隣りの西都市で“Herbarium Yumi Miho”として活動する濱砂有美子さん。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100030179688968

川南町から朝市に来て体験してくれたお母さんと娘さん。ともにボールペンタイプをチョイス。軸の色とコーディネートしながら、お花やビーズを並べて専用オイルを流し込み…。

「お花の向きを整えるのが難しいですね。でも可愛らしくできたのでとても満足です♪」と話してくださいました。

お替わり自由のライチティー付きで1500円。とても有意義な母娘の休日となったのではないでしょうか。

女性に人気のハーバリウム。お部屋の彩りにぴったり
ハーバリウムボールペンの完成♪
  • 革のコインケースづくり

こちらは、さくら食堂(延岡市)の塩見みきさんの革小物ワークショップ。カットされた革の形を整え、スナップでパチパチと留めたら三角形のオシャレなコインケースが完成♪ 木のストラップにハンコを押し、コインチョコと一緒にラッピングすれば、きっと男性に喜ばれるバレンタインプレゼントになりました。こんなにかわいい女の子も上手に作れましたよ〜!

さくら食堂https://www.facebook.com/%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E9%A3%9F%E5%A0%82-308974642588679/

木のストラップには好きなハンコを押して
「ちょっとむずかしかったけど、たのしかった!」と感想を話してくれました

その他、レトロな雰囲気のほっこりイラスト「みっちゃん似顔絵店」でメッセージカードを一緒に作ったり、通りに実店舗を構えるPOLAさんでオリジナルスムージー作りなども。お目当てのワークショップを見つけては楽しむお客さんたちで賑わっていました。

「音」を集めて、こゆ朝市のテーマ曲を作ろう!「おとのねin新富町」

「自動ドアの音は?」と、自動ドアの前で音を拾う子どもたち

会場内を、集音マイクや録音機を持って歩き回る子どもたち。実は、これも今回のワークショップの1つで、こゆ朝市会場内でいろんな音を拾い集め、それらを音源に朝市のテーマ曲を制作するプロジェクトが始動しました。集音には、録音機器は、スマホの録音機能でもOKということで、参加者たちは音探しに奔走。どんな音が集まったのでしょう。

このプロジェクト「おとのね」は『株式会社ミテモ』が主催しており、東京の神田錦町ですでに実施されたもの。こゆ朝市でもぜひやってみよう!と、朝市主催のこゆ財団が協力して今回の実施となりました。曲を制作するのは同社のクリエイター“小林ヒロ”さん。

『株式会社ミテモ』https://www.mitemo.co.jp/

朝市の音で、こゆ朝市のテーマ曲ができるなんて、ワクワクしますね。完成時期はまだ未定ですが、みなさんぜひお楽しみに!

来月3月は、通常通りの第3日曜日開催です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事