1. HOME
  2. 体験申込・特集
  3. 歴史特集:日本遺産・新田原古墳群

体験申込・特集

Experiences

歴史特集:日本遺産・新田原古墳群

2018年5月、宮崎市、西都市、新富町の3市町にまたがる古墳群が「古代人のモニュメント-台地に絵を描く 南国宮崎の古墳景観-」として日本遺産に認定されました。

全国には有名な古墳や大規模な古墳群が多数ありますが、全国的にも保存状態がよく、古代景観がよく残っている点が高く評価されました。加えて、それぞれの古墳群を巡ることで、紀元3世紀から7世紀にかけの古墳時代300年の歴史を体感することができます。1つのエリアで、古墳時代の変遷を感じることができる古墳群は、非常に珍しいと言えます。

原風景の溶け込む新田原古墳群

宮崎県児湯郡新富町にある「新田原(にゅうたばら)古墳群」には、サイズが小さいものから大きいものまで、207基もの古墳が密集しています。

驚くべきは、それぞれの古墳があまりに自然に遺されていること、そこにあることです。道路を車で走っていると、古墳がまた1つ、また1つと次々に姿をあらわします。田んぼの中にある古墳群を見た観光客や視察者の方々は、「あれも古墳、これも古墳、全部古墳ですか?」と驚かれます。

今後は、この貴重な地域の資源を活用し、古墳で日本一のお茶を楽しむ野点やマインドフルネス、更には、様々なイベントを企画していきます。ぜひ、現地で、日本遺産に選ばれた貴重で不思議な古墳群を体感してみてください。



詳しくは特設サイトをご覧ください