1. HOME
  2. 体験申込・特集
  3. <団体向け><10月~5月限定>酪農フルコースで食育体験

体験申込・特集

Experiences

<団体向け><10月~5月限定>酪農フルコースで食育体験

人気の酪農体験、団体さんもご参加頂けるようになりました

2020年10月から少人数のお客様の受け入れを始めた「酪農体験」。
ネットで受付を開始したところ、たくさんの方にご参加頂けるようになりました。

この度、団体の方にもご参加頂けるできることになりました。
先日参加してくれた保育園の子どもたちの様子を通して、どんなことができるのかお伝えします。

保育園のみんなが体験に参加してくれました

この日体験に来てくれたのは、保育園の生徒さん21名。

2つのチームに分かれて、
◎子牛をブラッシング & ミルクやり
◎お母さん牛の乳しぼり
◎バター作り&試食
◎こだわりミルクの試飲
◎ミルクについてのおべんきょう
◎ひろびろ牧場でお弁当タイム
と盛りだくさんの内容で、楽しい時間を過ごしました。

■体験で出来ること① 子牛ブラッシング&ミルクやり

優しくブラッシングをしながら牛について教えてもらい、次に、生まれて数日~数か月の子牛にミルクをあげます。
ごきゅっごきゅっと勢いよくミルクを飲む姿に圧倒されます。

牛の性格によっては、人に興味津々の子牛も。参加者の服を甘がみすることもあるので、汚れてもいい服装でお越しください。

■体験で出来ること② お母さん牛の乳しぼり

お母さん牛の大きさは子牛の10倍以上で、約800~900キロの重量級です。

牧場の方にしぼるコツを教えてもらって、早速チャレンジ。
牛の体や搾りたてのミルクが温かいことに驚く方も多くいらっしゃいます。

※大きな声を出したり牛舎内を走ったりすると牛が驚いてしまうので、スタッフの注意をしっかり聞いてください。
※しぼりたてミルクは殺菌していないので飲めません。

■体験で出来ること③ バター作り&こだわりミルク試飲

牛乳と生クリームを使ってバターを作ります。
ちょっと体力を使うので、3~4人ずつのチームになって1つのシェイカーを振ります。

牛乳のパシャパシャという軽い音が、重たく固形物を感じるようになってきたら出来上がりの合図。
みんなの「先生できたー!?」「すごい!かたまりになってる!」という歓声が響きます。

できたてバターはラスクにつけて、牧場のこだわりミルクと一緒に試食タイムです。

《 松浦牧場のこだわりミルクのポイントは? 》
市販されている牛乳のほとんどは、いろんな牧場の牛乳をブレンドして、130度の超高温で2秒間殺菌する「超高温殺菌」で作られています。
対して松浦牧場では、自分たちの牧場の牛乳だけを使い、約65度で30分じっくり時間をかけて「低温殺菌」で作っています。時間もコストもかかりますが、しぼりたての牛乳本来の味を楽しんでいただけるようこだわっています。
現在、市販に向けて準備を進めています。この体験では、まだ市販されていないこだわりミルクを特別に皆さんに試飲していただいています。

《 なぜ生クリームを使うの? 》
牛乳をシェイクするだけでもバターを作ることはできるのですが、一般的な牛乳の脂肪分は約3.5%。
つまり、牛乳100gから作れるバターはたったの3.5gです。
お子さんも楽しんでもらえるように早くたくさんのバターを作りたい、ということで
この体験では、松浦牧場の特製牛乳と生クリームをミックスしてバターを作ることにしています。

■体験で出来ること④ ミルクについてのおべんきょう

松浦牧場では、牧場を知ってもらい牛と触れ合うことで、命の循環を伝えたいと考えています。

この日は、ミルクのことやバターについて紙芝居形式でお伝えしました。

■体験で出来ること⑤ ひろびろ牧場でお弁当タイム


お天気に恵まれた日は、牧場でお弁当を食べることもできます。

※雨天の場合は、場所がご用意できませんのでご注意ください。

松浦牧場について

宮崎のローカルタレント・木村つづくさんが取材に来てくれた時の一枚。

体験をサポートしてくれるのは、松浦牧場の皆さん。

オーナーの松浦さん(青いツナギの方)は、牧場を継ぐ前、6年間アメリカの大学で農業について学びました。
在学中に、アメリカらしい超大規模農場などさまざまな牧場を見る中で、インターンシップで訪れたイリノイ州のとある牧場に感動したそうです。その牧場は、飼育から食品加工、販売までを一貫して行いながら、小中学生に向けた食育や、牛との触れ合いなど積極的に活動していました。

この経験を通して、自分も、子どもたちがいのちの循環について学べる牧場をつくっていきたいと思うようになったそうです。今回の体験では、牛から始まる命の循環についてお伝えしたいと語ってくれました。

▶オーナーの松浦さんの取材記事はコチラ【 取材記事

ご参加にあたっての注意点

《ご注意ください》
※観光牧場ではないため、参加人数は20~30名程度とさせていただきます
※夏場は屋外が暑くなるため、体験は10月~5月限定です。
※牛は大きな生き物です。運営には十分注意を払って行いますが、スタッフの注意を聞いていただけないとケガをする可能性がありますお子さまの人数が多い場合は、複数の引率者のご参加をお願いします。(目安:未就学児20名の場合、引率の先生5名以上)
※牧場でのお弁当タイムをご希望の場合、雨天時は場所がご用意できないことがあります。ご了承ください。
※牧場には猫がいます。猫アレルギーの方はご注意ください。

お申込み・お問合せ

体験の人数、内容、料金についてのお問合せはこちらまで

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構
電話 0983-32-1082
場所 宮崎県児湯郡新富町富田東2-1-1

▼ 松浦さんが取材された時の映像はコチラ
https://youtu.be/Pwud4D59eO0
MCN宮崎ケーブルテレビ 《街人~machibito~》​
ナビゲーターの木村つづくさんが、仕事や趣味などで宮崎の街を元気にしている人を紹介する番組。2020/4/15放送