1. HOME
  2. ブログ
  3. 食べて実感!「大木農園」のきんかん&日向夏の人気の理由とは?

食べて実感!「大木農園」のきんかん&日向夏の人気の理由とは?

その美味しさで群を抜く、新富町「大木農園」のきんかん&日向夏。宮崎の代表格と言える柑橘2種です。1年かけて作り上げた果実が甘みを増し、いよいよ収穫シーズンを迎えます。ご主人の英市さんと定子さんに、今年の出来と美味しい食べ方を聞きました。

25年前に始めた、ビニールハウスでの種無し日向夏栽培

新富町新田(にゅうた)で日向夏の栽培を始めて25年目という、大木農園の大木さんご夫妻。種無し日向夏のビニールハウス栽培方法を大学の先生から指導を受け、当時、町内4軒の農家さんが栽培をスタート。大木さんはその10年後に、病気に強くて味が良いとされる新品種に植え替えをしたそうです。その頃の仲間は栽培を辞め、今は大木農園さん1軒のみだとか。

気になる今年の出来は?

Macintosh HD:Users:yanoatsushi:Desktop:大木農園:日向夏.jpg

「東北や北海道など、柑橘類の少ない地域から特に人気やね」と話すのは、奥様の定子さん。ビニールハウスにおじゃました2019年12月19日は、果実をおおっていた袋を外した数日後で、緑色の果実がだんだん黄色に色づいてきた頃でした。「今年は粒がそろってね、サイズが大きいよ。甘みものってきたし、楽しみやね」と言いながら、ひとつ味見用に切ってくださいました。

白皮の甘みと、コクのある果汁が最高!

Macintosh HD:Users:yanoatsushi:Desktop:大木農園:IMG_7275.JPG
▲果汁たっぷり! 種もなく食べやすい

皮にナイフを入れたとたん、日向夏特有のさわやかな香りが弾けます。黄色い部分だけをむき、白いふわふわの部分ごと、ひと口サイズにそぎ切りにします。

一ついただいてみると…う、うまい! まだ収穫期に到達していないのに、驚きの美味しさです。これからさらに酸味が抜けて甘みが増すのだそう。

Macintosh HD:Users:yanoatsushi:Desktop:大木農園:カットした日向夏.jpg

「白いところがまた、美味しいとよね」

「黄色い皮でマーマレードを作っても美味しいよ」

と定子さん。

「わさび醤油をちょっとつけて食べたら、焼酎のつまみよ」

と英市さん。

農家さんならではの、通な食べ方ですね。

完熟きんかん「大きくて甘〜いよ」

Macintosh HD:Users:yanoatsushi:Desktop:大木農園:IMG_7304.JPG

隣りにある、きんかんのビニールハウスへ。朱色がかった鮮やかなオレンジ色に色づいたきんかんが、無数に実っています。一つひとつが、きんかんとは思えないほど大きい!

宮崎のブランド「完熟きんかんたまたま」は、Lサイズ(2.8センチ)・糖度16度以上という規定があります。もちろん大木農園からも、完熟きんかんたまたまが例年以上に出荷できそうです。

「1月14日の解禁日に合わせて、収穫を始めます。忙しくなるけれど、皆さんに喜んでもらえると思うとうれしいですよ」と英市さんが晴れやかな笑顔で話してくださいました。

やっぱり生で丸かじりが一番!

Macintosh HD:Users:yanoatsushi:Desktop:素材提出リーフレット:大木さん(きんかん):67-009.JPG

加工用とは違って、完熟きんかんは生で丸ごと食べるのが一番! 皮の部分は苦みやえぐみがほとんどなく、甘みたっぷりです。軽く水洗いしたら、パクッとどうぞ♪ 手軽にビタミンCが補給できるので、冬の体調管理にも一役買いそうです。

ふるさと納税返礼品で選べます

味の良さで定評のある大木さんちの日向夏、きんかんは、新富町のふるさと納税返礼品の中でも人気商品。予約順に、1〜2月から出荷されます。ぜひお早めに!

<予約>大木さんの完熟きんかんたまたま1kg

<予約>大木さんの日向夏!2.5kg

関連記事