1. HOME
  2. ブログ
  3. 仲良しママ友チームが生み出すハンドメイド雑貨『YURii』。人気の秘密は超ママ視点にあり!

仲良しママ友チームが生み出すハンドメイド雑貨『YURii』。人気の秘密は超ママ視点にあり!

ちょっと見てください♪

こんな風にかわいくラッピングされたギフトの中には…

こんなものや…

かわいいハートのバッジ。バッグや帽子につけても◎

こーんなかわいいアイテムが入っていて…♡

赤ちゃんの“歯固め”。口に入れても安心な素材です

出産祝いと称してこんなかわいい贈り物をもらったら、ママたちはきっとトキメキがとまりません! 見ているだけでも癒やされて、赤ちゃんと一緒に毎日使えるかわいい雑貨なんて、一番喜ばれるはずです。

そして、これらが入っているかごバッグは、ちょっとしたおでかけにこんな感じでオシャレに持ちたい♪ 太めに編んだストラップを付けたら、世界に1つだけのオリジナルバッグに!

YURiiのハンドメイド作家さんたちにインタビュー♪

紹介したのは、小物からかごバッグまでぜーんぶ手作り! 新富町に住む3人の女性が作るハンドメイドブランド『YURii(ユリー)』による、出産祝い用ギフトの一例です。子育てに仕事にと忙しいママたちだってオシャレを楽しみたい! かわいいものに囲まれて毎日を楽しみたい…そんなママたちの心をくすぐるハンドメイド雑貨が今、若いママたちを中心に人気を集めています。

ハンドメイド雑貨『YURii』の3人をインタビュー。新富町総合交流センターきらり内カフェ・キートスにて

かわいい雑貨ブランドを展開するのは、キラキラした笑顔がステキなYURiiメンバー。写真左から、松村有加さん、勝 千織さん、三好麻美さん。

主流は、ママ目線のオシャレ雑貨。アクセサリーやクラフトバッグ、インテリアグッズなど本当にさまざまです。ママだけじゃなく、子ども向けの作品も多いそう。

彼女たちは、どんな活動をしているのでしょう。雑貨のハンドメイドを始めたきっかけから制作の流れ、将来の夢までインタビューしました。

—雑貨のハンドメイドを始めたのはなぜ?

「私たちは保育園で知り合ったママ友なんです。みんな手作りや雑貨が好きで、雑貨屋さんやマルシェに一緒に行ったりしながら、『私たちも何か作りたいね〜』って話していたら、あるとき町の総合交流センターきらりで開かれる「きらり音楽祭」の主催者から出店のお誘いがあって、一念発起! 子どもたちが通っていた保育園の“ゆり組”にちなんで『YURii(ユリー)』という名前にしました♪」

みなさんお仕事と主婦業で忙しいかと…。いつ何をどんな風に制作するんですか?

「基本、子どもたちを寝かしつけてからが制作タイム。それぞれ自宅でやって、得意分野を分担します。編み物系が得意だったり、雑貨類が得意だったり、アクセサリーやタグ制作、ラッピングがオシャレに作れる担当とか…(笑)。スマホで写真を送っては、『もっとこうしたらかわいいんじゃない?』とか、意見を出し合いながら制作しますね。だから顔を合わせるのは、普段は子どものお迎えや行事の時くらいだよね」

—ご主人をはじめご家族のみなさんは、何と?

「パパたちは、温かく見守ってくれています。たぶん(笑)。イベントの時は、上の子は一緒に連れて行っても仲良く遊んでますね。最近はお手伝いもしてくれるし、親子で楽しむいい時間になっています。お客様も子どもさんを連れて来られたりするので、子ども用のアクセサリーや男の子も使える小物など、意識して作るようになりました。

イベント出店前はどうしても忙しくなるので、あまり無理しないように年3回くらいに絞っています」

素材や色の組み合わせで、季節に合わせたピアス&イヤリング
“編む”系は勝さんの得意分野。細かく丁寧で、センスあふれる作品です

—YURiiの商品コンセプトってどんな感じですか?

「『ママが使いやすいものをオシャレに、低価格で』というのが商品作りのベースにあります。今も子育て真っ最中の私たちだからこそ、『こんなのが欲しいよね!』と気づけるし、ママたちが自分の趣味に高いお金をかけられないことも分かる。ママにとって使い勝手がよく、持ってると気持ちがあがるかわいいものを、アンテナ張って見つけながら制作にチャレンジしています。もちろんお手頃な価格設定は必須です」

流木と麻ひもで作ったタペストリー

なるほど。例えばどんな商品が人気ですか?

「そうですね、例えばキーストラップ。ジーンズのベルト通しにひっかけて手ぶらで使えるし、ぶら下がっていてもオシャレに見える。両手がふさがるママにとって、ホントに便利ですよ〜。手触りも良いし、バッグに入れてしまっても探しやすいんですよ」

「それとか、よく“おむつケーキ”ってギフト用であるけれど、私たちは“おむつバスケット”の注文をよくいただきます。エコクラフトのバスケットにおむつやベビーアイテムを入れてラッピングするんですけど、そのバスケットも絶妙なサイズ感であとあと使える! 超オススメ(笑)」

将来はこうなりたい! …という夢や目標はありますか?

「イベントに出店して、夢だったオシャレな雑貨屋さんが期間限定ですが実現できているので、この活動を続けていくことが目標かな。家庭を第一に、これからも3人でやっていくために今は無理をしないように、と決めています。

やりたくても1人じゃできないことを、3人で力を合わせることで実現できました。おばあちゃんになっても、この3人で活動したいですね〜」

仕事に家庭に、日々の暮らしを大切にしながら、自分たちの夢を実現する時間も楽しんでいるYURiiのみなさん。2019年11月には宮崎市の最大級ハンドメイドマルシェ「Jolimarché」(ジョリマルシェ)にも進出しました。

YURiiのオシャレ雑貨、ぜひ手にとってみてください。

関連記事

ふるさとチョイス ふるさと納税するなら宮崎県新富町